2011年03月16日

東日本大震災被災地支援、震災学童疎開のために、
NPO河口湖自然楽校からのお願い

NPO河口湖自然樂校は、2003年より富士山のふもとの森の中で、自然を人の暮らしに活かし、心と体を丸ごと健康にする取り組みを行っています。

子どもたちの生きるチカラを育むために、様々な自然体験活動を通し、たくましく生きてゆくことができる体質の強化改善を目指して、2003年から「生きるチカラキッズキャンプ」を開催してきました。

 

私たちはこの度の東日本大震災の被災地復興支援のために、被災家族のお子様たちを「生きるチカラキッズキャンプ」に招いて、安心安全な環境で元気に生きるチカラを学んでもらうことにしました。学習の時間や自然体験の時間を設け、心のケアも行います。

よりたくさんの子どもたちが被災地から富士山のふもとへ疎開して、「生きるチカラキッズキャンプ」に参加できるよう、各方面からのご協力をお願いしています。

 

私たちNPO河口湖自然楽校の呼びかけに応えて、各地の宿泊施設の方たちからもこの支援活動へのお申し出をいただきましたので、さらに広域での学童疎開の支援活動が可能になりました。

 

生きるチカラキッズキャンプ」は、NPO河口湖自然楽校の趣旨に賛同して、金銭及び物質的協力及びボランティア活動に参加してくれる個人及び団体の賛助会員と、有志の皆様によるご寄付によって運営されています。

 

この度、皆様にお願いしたいご支援は、子どもたちの災害地からの移動費、宿泊や食事を委託する施設への実費費用、医療費、衣類や学用品購入費です。

ご支援くださる企業名や支援金の使途詳細については、NPO河口湖自然楽校がホームページに掲載し、マスコミリリースにて公表させていただきます。

 

未曾有の大震災に遭って深く傷ついた子どもたちの心をケアし、生きるチカラを育むために開催する「生きるチカラキッズキャンプ」の取り組みにご理解をいただき、どうか温かいご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 

NPO河口湖自然樂校
理事長  清水国明

 

>>(資料ダウンロード.pdf)

東日本大震災被災者緊急受け入れ決定のお知らせ.pdf


>>(資料ダウンロード.pdf)『”生きるチカラ”キッズキャンプ』

運営マニュアル.pdf


>>(資料ダウンロード.pdf)『”生きるチカラ”キッズキャンプ』

ご支援のお願い.pdf


>>(資料ダウンロード.pdf)『”生きるチカラ”キッズキャンプ』

賛助会員申込書.pdf


>>(資料ダウンロード.pdf)『”生きるチカラ”キッズキャンプ』

救援物資申込書.pdf


>>(資料ダウンロード.pdf)『”生きるチカラ”キッズキャンプ』

ボランティアスタッフ申込書.pdf

 

>>当支援を思い立った経緯は清水国明blogをご覧ください。


 
 

 

posted by 自然暮らし at 20:40| 山梨 🌁| Comment(48) | TrackBack(0) | 新たな取組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このような取組みはぜひお願いしたいです。

被災地の子供たちが夢を持てる未来を創ってあげたいです。
Posted by 佐藤喜一 at 2011年03月16日 21:14
関西で義援金を募金するしか出来つことがない一個人ですが、同じようなことを考え家族と話していました。
ネットで、そういった内容の記事を探していて、こちらに辿り着くこととなりました。
このような行動をされることを、嬉しく思っております。
たとえ、ひとりの子どもでもいいから受け入れて欲しいという要望があれば、行動したいと思うのですが、預け希望の方も受け入れ希望の方も、どうしたらいいのか分からないというのが現状だと思います。
統一された窓口があればいいのに・・・

応援しています。
子どもの笑顔を守ってあげて下さい。
Posted by 館山 at 2011年03月17日 15:51
今、個人で出来ることは募金くらいだと思っていました。
子供たちを受け入れることにより、少しでも安心して復興に取り組めるのではないかと思います。
一個人でも(我が家でも)受け入れ出来るような支援になれば・・・
多くの方を巻き込んで支援の輪が広がることを願います。
Posted by 菊池 at 2011年03月19日 07:55
「今の自分にできること」日本中の人が現在念頭にあることと思います。

ところで、招待数の上限などの情報はどちらにあるのでしょうか?Twitterにて紹介させていただきたいのですが。
Posted by 貴緑(きみどり) at 2011年03月20日 13:14
どうか小さな命に期待と希望を持たせてください。

個人的に動ける事は殆どありません。

微力ですが、協力金でしか参加できず、申し訳ない気持ちです。

宜しくお願い致します。
Posted by メカドック at 2011年03月20日 13:41
上の申込書、どこに提出すればよいのですか?
Posted by ユウタ at 2011年03月20日 18:25
ほとんど使ってない消しゴムとか鉛筆とか、事務用のスタンプインクだとか、未使用の余剰文具などちょこちょこあるのですが、
そういった学用にできる物品の必要がありましたら送らせていただきます。

それからできたら、ペットを飼っている被災者の受け入れも考えていただければと思います。
Posted by 松伏 at 2011年03月21日 14:17
お子さんだけを・・と危惧されているコメントも拝見しましたが、多分今は、一刻を争う非常時だと思います。まずはお子さんたちだけでも疎開させてあげてほしいです。素晴らしいこと、と感動しています。役立つこと、したいです。
Posted by miramikko at 2011年03月21日 18:06
ありがとうございます
子どもたちに笑顔を取り戻してやってください
こんなときNPO法人の力を結束する時と思います。
是非取り纏めをお願いいたします
Posted by 犬飼 at 2011年03月21日 18:13
ボランティアスタッフの資格等ありましたら
教えてください。高校生は参加可能ですか?
Posted by kadomatsu at 2011年03月21日 18:33
福島県に住む友人から、このページを教えてもらいました。皆さんと同じように何かできないかと考え続けていました。子供たちには一日も早く笑顔を取り戻して欲しいと願っています。今回の試みに賛同いたします。4月以降、何かお手伝いできます。まずは協力金を送らせていただきます。
Posted by あずきちゃん at 2011年03月21日 18:46
ニュースを見てこちらのページを見させていただきました。
自分も災害ボランティア等を考えていているんですが、現地に行くのは個人では難しく何かできることはないかと模索していました。
できるようならボランティアスタッフをやらせていただけたらと考えています。
詳細等を教えていただけたらと思いコメントさせていただきました。

(自分は今3月で大学を卒業し4月からは中学校の非常勤講師をやる予定です。河口湖湖畔までは90分くらいの場所に住んでいます。)
Posted by 中澤 at 2011年03月21日 20:27
ネットでこちらの今回の取り組みを知り、ぜひ協力させていただきたいと思っております。

私も上の申し込み用紙の提出先を知りたいです。
直接電話でも申し込みできるのでしょうか。

ボランティアはいつから参加できるのでしょうか。

小さな子供がおりますが、富士吉田に主人の実家がありますので、子供を預けて、もしくは子連れでも大丈夫であれば数日ではありますが協力させていただきたいです。
元看護師です。
甲府市に住んでいますので、子供の衣類学用品など直接お届けできます。
Posted by 大菊 at 2011年03月21日 21:46
どのようなボランティアスタッフを希望していますか。

私は中学校で数学と特別支援の生徒を教えています。
私にできることが何かわかればとてもありがたいです。
Posted by トオル at 2011年03月21日 21:48
はじめまして!
私は小学生、中学校高校社会の免許をもって20年間小学校3年間中学校3年間高校14年間経験があります。またカウンセリングの勉強中です。そこから5分の所に住んでいます。私の出来ることがあれば言ってください。
頑張って下さい平謝り
Posted by 上野勝也 at 2011年03月21日 22:39
はじめまして。
Tシャツ、80cm,90cm,100cm,110cm,120cm130cm,M,L
各サイズ20〜30枚づつ位、御用意できます。
御入り用でしたら、是非ご連絡下さいませ。
Posted by coyamashita at 2011年03月21日 23:47
はじめまして。
Tシャツ、80cm,90cm,100cm,110cm,120cm130cm,M,L
各サイズ20〜30枚づつ位、御用意できます。
御入り用でしたら、是非ご連絡下さいませ。
Posted by Premier08 at 2011年03月21日 23:47
New York Brooklyn の小学生徒が被災をした同年代の子供達に応援の手紙を書くことになっております。英語の手紙となりますが、そちらに送付したら対応できますでしょうか?日本語訳が必要であればこちらでハンドル可能ですが.....
Posted by kayoko tsuchiya at 2011年03月22日 06:18
今 テレビを見て清水さんの話に心打たれました。
私も義援金がプールされて それがどんな風に被災者の為に使われていくのか気になっていました。もちろん お金も復興の為に大いに必要ですが、今 子供達には こういった希望や期待が 必要なんだと思います。
100人の子供達 たくさんの笑顔を 見せてくれるでしょうね。
Posted by まき at 2011年03月22日 10:14
家や家族を無くした子供達、いくあてのない乳幼児を抱えて途方にくれているお母さん。ニュースを見て、一人でもいいから、なんとか手を差し伸べてあげられたらと考えていました。新聞で国明さんの子供達受け入れの記事をみて、ブログを拝見し、共感致しました。何らかのかたちで協力できたらと思います。具体的に必要な物、人材、随時アップお願いします。
いろいろと言う人もいると思いますが、信念のもと、突き進んで下さい。
Posted by kyoko at 2011年03月22日 11:41
この取り組みに心を打たれました。
自分では何もできないのか??募金をするしか自分には方法がないのか??なんて何も出来ない自分が歯がゆいです。清水さんの取り組みはほんとに素晴らしいと思います。とても嬉しいお知らせです。陰ながら応援しています。
早く子供たちに笑顔が戻りますように...
Posted by SUE at 2011年03月22日 13:13
少しですが送金させていただきました。共に頑張りましょう!!
Posted by かおり at 2011年03月22日 13:54
素晴らしい支援だと思います。

応援します。
Posted by seaside106 at 2011年03月22日 14:14
 神奈川県在住36歳女性です。
 子供を預かる勇気と行動力に賛同いたします。
 私ができることを、できる範囲お手伝い致します。  遊びのお相手、食事作り、整備や物資の調達、業務  のボランティア必要があれば詳細ご連絡お待ちしておりま す。
 
Posted by 山本 at 2011年03月22日 15:34
子を持つ母親として、被災地の子どもたちの窮状を黙って見てはいられませんでした。このプロジェクトに心から賛同し、ささやかながら本日送金させて頂きました。すぐにでも飛んで行ってお手伝いをしたいぐらいですが、とりあえず。
Posted by 横山 朋美 at 2011年03月22日 15:47
はじめまして。
ほんとすばらしい支援で感動してます。
子供たちが、大きくなってきっと今の東北をすばらしい町に復興させると思います。
テレビで、送迎等も行うと言ってましたので運転手の手が居なければ応援させてください。
大型免許あります。
是非御連絡下さい。
Posted by マコト at 2011年03月22日 18:18
はじめまして、ホントに素晴らしい取り組みに感動しました。小さい子供を持つ一主婦としては少しの義援金と節約ぐらいしかできません、もし結婚していなかったらボランティアに行きたかったくらいです。もう一つ言わせてもらえば是非地元大野でやってほしかった、そうしたらお手伝いで来たのに・・・。
たくさんの子供の笑顔が早く見られますように、今後の活躍楽しみにしています。
Posted by ajiko at 2011年03月22日 20:07
ニュースで清水さんの取り組みを知り、
強く共感いたしました。

地震で心が傷ついた子どもにとって、
友達と自然は大きな癒しと生きる力になると
思います。

ぜひボランティアに行きたいのですが、
条件や申し込み方法などがありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。
Posted by sumile at 2011年03月22日 23:21
以前、保育士をしていました。(0〜4歳までが中心でしたが。)幼稚園教諭の免許もあります。都内で仕事をしているため日数は限られてしまいますが、お手伝いできることがございましたら言ってください。必要な支援物資もご協力させてください。
Posted by まり at 2011年03月23日 00:01
クレヨンや筆記用具、ノート、画用紙などの物資での支援はいかがでしょうか。ご迷惑でなければ必要数をおしえてください
Posted by mi at 2011年03月23日 00:33
こちらのリスクをも恐れないスピード、実行力。本当に感激しました。募金で少しでも力になれたことがとてもうれしいです。
Posted by しょうこ at 2011年03月23日 06:27
迅速な支援をありがとうございます。
被災された方も、きっと安心して申込みをされることでしょう。

支援したい側として、物資支援では何がどれくらいの数、必要なのかHPなどでお知らせいただくと、支援しやすくなります。
不必要なものをお送りしても、ご迷惑になってしまうでしょうから。

お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。
Posted by 二階堂 由貴 at 2011年03月23日 10:24
アクションを起こして下さった事に感謝です。

在宅で介護しているので、そちらでお手伝いが出来ませんが、子供たちを宜しくお願い致します。

河口湖は大好きな場所です。去年の今頃に旅行に行きました。被災者の方達には、壮大な富士山に見守られながら、心身ともに癒してもらって、次の一歩を踏み出すパワーをもらってください。

必要な物資の品目と数量が分かれば幸いです。
Posted by 山田 和美 at 2011年03月23日 11:50
私も何かしてあげたいけど何もしてあげることが出来ない。
募金・節電くらいかな・・・
衣類などは新品の方が良いのでしょうか?子供達の着れなくなった物があり、捨てるのももったいないし・・・
ボランティアも週末でしたら子供達と一緒に駆けつけることは出来ます。
沢山の笑顔が見れますように!!!
Posted by ゆうこ at 2011年03月23日 13:27
私も何かしてあげたい。募金・節電やってます。 子供の着れなくなった洋服があります。送りたいです。新品じゃなきゃダメですか???
Posted by みゆき at 2011年03月23日 16:11
素晴らしい活動をされると知り、少しでも協力したく、本日義捐金を入金しました。
今後も定期的にさせていただきます。
こんなことしか出来ませんが、どうか被災された方達の力になって、支えて差し上げて下さい。
よろしくお願いします。
Posted by hiroko at 2011年03月23日 21:15
今日少しですが送金させていただきました。
子供たちが清水さんのもとで、これから逞しく生きていく為の丈夫な根っこを育てられますように。
元気に楽しい時間を過ごせますように。

また協力させて頂きたいと思います。

お体に気をつけてがんばってください!!
Posted by hira at 2011年03月23日 22:48
アメリカに在住しています。この度の災害にはみんなが心痛めています。何かできることをと思っている時に、この学童疎開のことを知りました。義援金というかたちでしか応援できませんが、ぜひ応援できたらと思っています。相談ですが、義援金はドルでもできますか?
Posted by 橋元 恵 at 2011年03月24日 00:33
清水国明さんの呼びかけと、地域の温泉宿泊施設の皆さんの
素晴らしい取り組みに感銘を受けました。

ささやかな募金くらいしかできず、申し訳ありませんが、
一人でも多くの子供たちに笑顔が戻りますように
関西から応援しています!!

Posted by スズキヒロミ at 2011年03月24日 10:02
はじめまして。
山梨県内に住む大学生です。

この間被災地の子どもたち受け入れの
話をテレビで見て、私も何かしたいと
NPO河口湖で検索し、このブログを
見つけました。

日にちが合い次第、私も
お手伝いできたらと思います。
詳しい情報があればお願いします。
Posted by はるか at 2011年03月24日 11:08
はじめまして、山口県在住の男性です。
清水さんの取り組みブログで知り、その行動と発言に非常に感銘を受けました。

今回の災害で微力ながら義捐金をと思っていたのですが、どこに託せばいいのか迷っていました、
そのとき清水さんのブログを拝見し、率直な言葉が心に響きました。

これからも応援させて頂きます。




PS
産大の後輩として清水さんを誇りに思います。

Posted by 牛見 孝司 at 2011年03月25日 03:06
雅代さんのブログから流れてきました。

ゆりソフトクリームさんの岩鞍ハウスにも物資を送らせていただいたのですが、
品物の場合は「何歳くらいの方(男、女)の為の○○が必要です」といった感じで、具体的な情報をいただけるとありがたいです。
裕子さんの所は買いに行くのが困難とのことで品物をお送りしましたが、品物がよいのか、募金のほうがよいのかなどの情報もお願い致します。
Posted by ダヤン at 2011年03月26日 11:43
東京在住の40代です。
被災された子供達に希望を与えられたらと思っております。
肉の卸を営んでおりますので食の支援ができればと思っておりますが詳細等決まりましたら情報をお願い致します。
Posted by ヨコ at 2011年03月26日 16:53
募金というカタチでしか支援できないのですが、できれば被災した子どもたちのために、と思っていたところ、この活動を知り、わずかですが送金させていただきました。

今は名古屋に暮らしておりますが、出身も大学も山梨なので、このような動きを大変誇りに思います。

新学期が始まったら学校はどうするのか、など、心配もあります。
お忙しいとは存じますが、できるだけ活動の様子などUPしていただけると嬉しいです。

どうぞお体に気をつけてがんばってください!
子どもたちをよろしくお願いします。
Posted by かえで at 2011年03月28日 09:43
TVを見て、友達と参加させて頂きたく思っています。初級ですが英語もできます。私は幼稚園教諭・調理師を持っています。(実際経験は、カナダでの保育園しかありあませんが。。。)友達は元美容師です。何かと役に立てると思います。日本人以外に、もし希望のあるお子さんがいましたら、是非少しの時間だけでも発散させてあげられたらと思います。FAXしますので、宜しくお願いします。
Posted by Emi at 2011年03月31日 16:40
私、リターンライダーです。九頭竜ダムを通って大野町に来るとよく清水さんの事を思います。
貴方に感動しました。少しですがお金送ります。
これからも、送ります。郡上八幡より。
Posted by yasuda at 2011年04月09日 04:11
過日の新聞で拝見しました。その時考えたのがどうやって資金をとの疑問で、早速サイトを探して拝見しました。他の組織へも義捐金を振り込みましたが、やはの顔の見える、使い道が具体的な清水さんのところへ。特に子供たちにと送らせていただきます。私は67歳のハーレーライダーです。
Posted by 土橋 登 at 2011年04月12日 16:46
ボランティアの期間はどの程度でしょうか?
Posted by 山本輝美 at 2011年04月18日 15:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。